眼の病気ガイド
  • 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

緑内障と白内障

緑内障とは

「緑内障」とは、眼球内圧により、眼球の後ろにある視神経が圧迫されて発症するものです。適切な治療をしなければ、徐々に視野が狭くなり、失明の危険性がある大変怖い病気です。厚生労働省の調査によると国内の緑内障患者は40万人を越え、年々増加傾向にあり、最近では比較的若い方の患者数が増えているため、問題視されています。たとえば、40歳以上の17人に1人が緑内障の恐れがあると発表されてもいます。残念ながら緑内障で視野が狭くなった場合、進行を遅らせる治療はありますが、根本的な治療法がありません。ですので、早期発見・早期治療が重要になってきます。

緑内障

緑内障の治療法

緑内障の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。

緑内障の治療で大切なことは、視神経の障害の進行を防ぎ、障害を受けるのを防ぐことが重要で、視力や視機能を保つことです。眼圧が高いほど視神経に障害を与えてしまうので、眼圧を下げることが大切になってきます。眼圧が下がることで多くの患者が視野が狭くなる症状の進行を遅らせることが出来ます。

緑内障の治療の第一は、眼圧を下げることですが、点眼薬で眼圧を低下させることが出来ます。点眼薬の種類は多く、年々様々な点眼薬が開発され、市販されています。そして、目や体には重大は副作用はほとんどないとされていますので、比較的安心して利用することができます。

点眼薬のほかにも、内服薬があります。点眼薬で眼圧を下げることが出来ない場合に、内服薬で眼圧を下げます。内服薬には副作用があるために、基本的には一時的に使用することが多いと言えます。点眼薬が効かず、内服薬が長期間になる場合は、レーザー治療や切開手術などが行なわれます。

緑内障の症状は?

緑内障の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。緑内障は視野が欠損したり、視力が低下します。人によって差がありますが、除々に進む場合と急速に症状が悪化する場合があります。そして、緑内障は自覚症状がほとんどなく、症状が進行してしまってから受診する方がとても多い病気です。
急性の緑内障であれば、急激に眼圧が上昇することで目の痛みを感じたり、頭痛、吐き気を伴い、早期発見に繋がる場合もあります。

緑内障

緑内障を早期発見するためには、定期健診を受けることが大切です。「目が疲れている」と軽く考えるのではなく、電気の周りに虹が見える、まぶたの上から眼球を押さえると眼球が固く感じる、目がかすむなどの症状がある場合は、医療機関を受診しましょう。
また40歳を過ぎた方や、血縁者に緑内障がいる方、極度の近視や低血圧・偏頭痛などの症状がある方なども、定期検診を受けることをお勧めします。緑内障は、症状を遅らせることは出来ても、視野を取り戻すことが出来ない病気ですので、定期検診は重要なポイントと言えます。

白内障とは

次に「白内障」について少し考えてみましょう。
白内障とは、視覚の経路のいずれかに異常がおき、視力が低下していき、目の見え方に異常が現れます。

目のレンズの役割をしている水晶体はほぼ透明であり、光を十分に通りますが、白内障になると水晶体が濁り、十分に光を通さず、物がぼんやり見えるようになり、最終的には目が見えなくなってしまいます。パソコンや携帯電話の普及や、有害な紫外線での光老化などにより、年々若年化しています。

白内障の治療法

白内障の治療はどのようなものがあるのでしょうか。

残念ながら、白内障の原因である水晶体の濁りは元の透明に戻すことはできません。しかし、透明に戻す事はできませんが、手術によって水晶体を摘出し、眼内レンズを入れることで視力を回復することができるのです。

また、水晶体の濁りを元に戻すことは出来ませんが、濁りの進行を遅らせる薬や視力低下を遅らせる薬などがあります。ですので、こちらもやはり、早期発見早期治療がカギとなります。点眼薬や内服薬によって、水晶体の濁りの進行を遅らせる効果があります。内服薬のなかには胃の負担が大きいものがありますので、お年寄りへの処方は避ける場合もあるそうです。

白内障を予防法

白内障を予防するためには、日頃の生活に気をつけることが大切です。まずは、紫外線や人工光をなるべく避けるようにしましょう。紫外線を避けるためには、紫外線を防ぐサングラスやメガネをかけたり、コンタクトレンズや帽子などで紫外線から目を守るようにしましょう。紫外線などを浴びると、眼球奥の不飽和脂肪酸が過酸化脂質になり、水晶体の濁りのもとになります。これを防ぐためには、ビタミンB2、C、Eなどの酸化還元物を摂取することです。

緑内障

 

これらは加齢するごとに不足しやすい栄養素ですので、食生活を見直したり、サプリメントなどで積極的に摂取しましょう。
さらに、紫外線だけでなく蛍光灯などの人工光をつけての長時間の読書や、携帯電話・パソコンの使用は目に負担をかけてしまいますので、目をいたわるためにも、休憩を挟むようにしましょう。

また、タバコの吸いすぎも原因の1つです。タバコを1本吸うとビタミンCが約70mgも奪われると言われています。さらに、タバコを1日1箱以上吸う方は、白内障になる確率が3倍に跳ね上がるとも発表されていますよ。

緑内障も白内障も目の病気です。それぞれ似たような特徴もあれば、少し異なっている場合もありますが、いずれも定期的な検査によって、早期発見と治療が可能な病気です。時々、もう少し受診が遅れていたら、失明していたという場合があるそうです。ですから、少しでも目に違和感を感じたら必ず医師に相談するようにしましょう。

まとめ

・緑内障や白内障は、眼圧の上昇や水晶体の濁りが原因
・治療が遅れると失明の危険もある怖い病気
・目を酷使せずいたわる生活で、発症を食い止める
・目に違和感があれば、迷わず眼科を受診
・どちらも、定期健診が重要

不快な目の症状、血行障害が原因かもしれません!